Skip to content

京都保津川は関西有数のラフティングスポット

京都を代表する観光地の一つ嵐山。

その嵐山を象徴する観光スポット渡月橋の下を流れる桂川の上流部、保津川と名前を変える所謂保津峡と呼ばれる区間は、激流の多さが大きな魅力となっている、京阪神から最も近いラフティングエリアです。そこには全国的に有名な「小鮎の瀬」や「大高瀬」「獅子ヶ口の瀬」を含む大中小合わせて約20ヶ所の激流ポイント、また「静水の女淵」や「殿の漁場」と呼ばれる流れの穏やかなトロ場もあり、激流を下るスリルと爽快感を求める上級者からゆったりと安心して川や自然を楽しみたいお子様連れのファミリーまで、ラフティングをメインにした様々な川遊びに関するアクティビティがお客様それぞれの趣向に合わせて体験できます。

保津川の上流部は、京都市内から電車で約30分、車では約40分とアクセスが非常に良好なのが特徴の一つです。嵐山や嵯峨野にも近く京都観光もあわせて楽しめるのも大きな魅力です。そして手軽にラフティングを楽しみたい方に合わせて、京都市内を中心に様々なラフティングツアーが多数の観光業者によって企画・催行されています。

そうしたツアーはプロガイドやインストラクター同行の下、徹底的に安全に留意して管理・運営されており初心者から上級者まで安心して参加できます。ツアーの多くは単にラフティングや川遊び等のアクティビティの面だけでなく、ツアーで提供する食事やツアー終了後の温泉体験にまで拘ったものも多く、利用されたお客様の殆どが大きな満足を得て、喜びと共に帰宅されているようです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *