Skip to content

スキー旅行の目的地として注目されている日本

日本の冬のレジャーと言えばスキーを挙げる人も多いでしょう。

日本は国内に山間部も多く、北部を中心に数多くのスキー場が存在しています。それらは日本人向けの観光地として成立していましたが、最近では海外からのスキーを目的とした海外旅行客が増えつつあります。これは雪山での空きが定着していない国からの旅行客や、全く季節が反対の南半球からの観光客などが構成していると言われています。最近では必要な用具の現地調達ができる仕組みなども増えており、観光旅行客が増えている理由の1つに指摘されています。

そのため東北や北海道などの有名なスキー場は外国人観光客受け入れのための体制づくりに力を入れており、近年増加傾向にある外国人観光客の求める魅力的なスポットとして注目されつつあります。そのため昔のスキー場のイメージを持っている人にとってはかなり変化した環境を見ることができるでしょう。

特に雪の存在していない東南アジアの国からの観光客にとっては雪があると言うこと自体が大きな観光資源となっている部分があり、非常に魅力的に映っていると言われています。観光客向けの環境作りに力を注いでいる自治体の中には、冬の時期の観光客誘致に力を入れるケースも増えてきており、新しい魅力をアピールする1つの方法として脚光を浴びるようになりました。街中に外国人が増え、外国語が溢れる環境になることに賛否両論ありますが、新しい魅力作りに力を入れる地域が増えています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *